医療過誤のトラブル相談は弁護士や専門の窓口に

証拠を見つけよう

医療過誤と分かっていても証拠がなければどうすることも出来ません。その為証拠を見つけることが大切です。証拠を見つけた後は弁護士などの相談をして、サポートをしてもらうことが大切でしょう。

続きを読む

弁護士を探す

医療過誤の訴訟には費用も時間もかかります。また、知識も必要となってくるでしょう。インターネットを活用すると医療過誤に詳しい弁護士を見つけることが出来ます。このような弁護士に頼ることで勝つことが出来るでしょう。

続きを読む

認めさせよう

医療過誤の相談はコチラでしませんか?優秀な弁護士が真摯に対応してくれて、早期解決に繋げてくれますよ。フリーダイヤル受付中です。

最近は医者の数が減ってきているといわれています。そのことから医療過誤が問題になることがあります。ちょっとした簡単な技術であったとしても医者の何気ないミスのせいで大きなトラブルになってしまうというようなことは珍しいことではありません。また、そうしたことから病院と医療過誤にかんして話し合いをしなければならないというようなこともあります。 しかし病院の方ではそうした医療過誤についてはなるべく認めないようにしようと考えるものです。そのために話し合いをしてもうまくまとまらないで、こじれてしまうというようなことがあります。 治療費や補償費なども当然ですが誠意のある謝罪などすら拒否をされるというようなこともあるのです。

そのような時には法務機関などが備わっている大病院ですと素人が話し合いをしてもうまく言いくるめられてしまうというようなことになってしまいます。 そのためになるべくならば法律に関するプロの方にそうした話し合いの間に入ってもらうようにしてもらうなどをするようにするのが良いのではないでしょうか。 そのようなことで医療過誤については相談を弁護士にするというようなことが進められるのです。 相談をすることによって、そのような話し合いに関するトラブルを避けることができます。 相談をすることで得られるメリットはたくさんありますので、医療過誤で悩んでいるときはそうした相談を弁護士にしてみるようにしてみてはいいのではないでしょうか。

医療事故という言葉は耳にすることも多いものです。特に病気ではなくとも、ニュースやテレビドラマで聞いたことがある人がほとんどだと思います。しかし、医療過誤という言葉はあまり聞きなれず、意味も知らない人が多いはずです。 まず、医療事故というのは一般的に、医療に関わる場所で医療の全過程において発生する事故の全てを指します。それに対し医療過誤は、その事故の中でも発生が予見可能で回避できる可能性があったにもかかわらず、医療従事者側の過失によって患者が不利益を被るものを指しています。 様々な事故がありますが、医療過誤は3つのタイプに分類されます。まず、適切な治療を行わずに悪化し、合併症を発症した場合の治療腐実施型があります。2つ目は、医療行為のミスで患者に危害を加えた場合の治療加害型です。そして3つ目は、医療施設の管理不足により危害を加えた場合の施設管理型です。どれも法的責任が伴うものなので、弁護士に相談することが可能です。

普通、患者は医療に詳しくはありません。病気の診断だけでなく、治療方針なども医者を信用し委ねることになります。しかし、それにより患者自身が不利益を被った場合、我慢せずにきちんと訴えることが大切です。そのためには、まず弁護士に相談します。 医療過誤は交通事故のように過失という扱いなので、まず不法行為に基づく損害賠償請求ができます。さらに、患者と医療側には診療契約が結ばれているので、その契約上の義務違反としても損害賠償請求ができます。 こういった専門的な内容は素人には分かりにくいものなので、まずは弁護士に相談することが大切です。医療過誤のタイプによっても訴える際に必要なものが変わってくるので、じっくりと相談する必要があります。

SIDE MENU