医療過誤のトラブル相談は弁護士や専門の窓口に

解決しよう

医療過誤という言葉を聞いたことがある人もいると思います。しかし、どういった意味であるかはご存知でしょうか。 医療過誤とは、回避できる可能性があったにも関わらず、医師や看護師といった医療従事者の過失によって、患者が不利益を被る医療事故のことです。患者は被害者となりますので、医療従事者に対して損害賠償の請求を求めることができるのです。 しかし、このような事態に直面したとき、いきなり弁護士といった専門家に相談をすることに抵抗を持つ人もいると思います。そんなときに利用したいのが、市民団体やNPO法人が運営している相談窓口です。患者側の立場に立って、相談に乗ってくれることでしょう。場合によっては弁護士を相談してもらうこともできますし、弁護士探しのためのアドバイスもしてもらえるはずです。

市民団体やNPO法人による相談窓口では、医療過誤に関する相談を無料で行ってくれます。このような窓口があることを知らない人は多いでしょう。すぐに弁護士への相談を考える人もいるはずです。 しかし、医療過誤に関して詳しい弁護士でないと望むような結果を得ることができないでしょう。そこで市民団体やNPO法人による窓口を利用することによって、最適なアドバイスをもらうことができるのです。 中には、医療事故事件を専門に活躍している弁護士の研究会というものもあります。そして、その研究会が窓口を設けていることもあるそうです。きちんと被害者の話を聞いてくれますし、相談だけなら無料というものも多いです。弁護士に話を聞いてもらうだけでもお金がかかると誤解している人もいるかもしれませんが、安心してください。