医療過誤のトラブル相談は弁護士や専門の窓口に

資料を作ってもらう

医療過誤相談による弁護士費用について

医療過誤とは医療における過誤によって患者に被害が発生する事です。つまり医療ミスの事を指します。 医療事故の一類型であるとも言われています。 医療従事者が医療遂行するにあたり準則に違反して患者に被害を発生させた事と定義されています。 医療過誤はあってはならない事です。しかし万が一身の回りで発生してしまった場合はどのように相談すれば良いのでしょうか。 医療過誤による相談窓口は全国にあります。 患者側代理人として医療過誤事件に取り組む弁護士のグループや研究会が窓口を設けています。 よってそこに相談するのが最善です。 もし医療過誤なのか判断できない場合でも一旦相談しましょう。事案の概略等を書く調査票を送る事で事前調査をしてくれます。 もし医療過誤ではないかと懸念を抱いた場合は、こうした窓口を有効活用する事が有効です。

窓口に相談した後で実際に弁護士へ依頼する事になった場合、費用としてはどのくらいかかるのか気になる方も多いと思います。 医療過誤における弁護士依頼事項は主に下記三つの流れが一般的です。 相談。カルテ等の証拠保全。訴訟や示談の三つです。 相談費用は弁護士によって異なります。 一般的には三十分五千円程度が平均です。 カルテ保全は弁護士費用として平均二十万から三十万程度、それに加えて実費がかかります。 示談や訴訟は請求金額に応じて異なります。 弁護士協会で定められた標準に準拠して決まるのです。 よって費用は請求金額で変動します。 もちろん必ずしも訴訟まで進む訳ではありません。 どの段階で解決するかによって費用は変動します。 命に関わる事もある医療過誤ですので、不安や心当たりがあれば相談する事をお勧めします。